This Category : * 本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

読了。。2008前半~作家買い

▼北森 鴻
p080913_16.jpg瑠璃の契り―旗師・冬狐堂

旗師・冬狐堂シリーズ


p080913_17.jpg@写楽・考

蓮丈那智フィールドファイル・シリーズ。


p080913_18.jpg共犯マジック

人の不幸のみを予言する謎の占い書「フォーチュンブック」。偶然入手した七人の男女は、運命の黒い糸に絡めとられたかのように、それぞれの犯罪に手を染める


▼篠田節子
p080913_19.jpg静かな黄昏の国

終身介護施設の営業マンの言葉にのり、自然に囲まれた家に向かう老夫婦。しかしその施設に入所したものは、3年以内に自然死を迎えるというーー


▼瀬尾まいこ
p080913_14.jpg@優しい音楽

つらい現実を受け止めながらも
、希望を見いだして歩んでく人日よの姿が爽やかに感動をよびおこす。



p080913_15.jpg@天国はまだ遠く

会社を辞め死ぬつもりだった主人公が、辿り着いた山奥の民宿で死に切れず。。自殺を諦めた彼女は、民宿の田村さんの優しさに癒されていく。
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : * 本 | THEME : 読んだ本。 | GENRE : 本・雑誌 |

梁 石日「闇の子供たち」

p080819_1.jpg映画化もされてる、梁 石日の「闇の子供たち」

映画「闇の子供たち」

世界中の富裕層の性的玩具として弄ばれるタイの子供たち。アジアの最底辺で今、何が起こっているのか。モラルや憐憫を破壊する資本主義の現実と人間の飽くなき欲望の恐怖を描く衝撃作!

正直。。。途中何度と本を閉じたことか。。
不快感。。。嫌悪。。。気持ち悪い。。
非現実にしか思えない内容が現実に起きてることかもしれないのに。。
嫌悪を覚える自分に。。また嫌悪。。。

書評を読んでわかっていたのに、手にとってみたのは、アジアの子供達の臓器売買のニュースのドキュメントをみたことがあるから。。
ニュース・ドキュメントでは、命まで奪われてるわけではなかったけど、アジアの小さい子供のお腹に手術跡があり、数万円で臓器が売買されてる事実を報道していた。。

矛盾。。。
日本の国内の移植では小さい子供の移植はできない。。
アメリカでの手術は莫大なお金と順番待ち。。
子供の命が限られている親にとって。。すがる場所が。。。闇取引されてるアジアでの移植。。。
移植させたい子供の親はどのような臓器かなんて。。きっと気にしていられないんだろう。実際通常の手続きでの移植では臓器提供者の情報は開示されないしね。。
健康な臓器であればいい。。すぐ移植できれば。。。そこにすがりつくんだろう。。
COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : * 本 | THEME : 最近読んだ本 | GENRE : 本・雑誌 |

これで最後の「ハリーポッターと死の秘宝」

ハリーポッター最終巻「ハリーポッターと死の秘宝」

ハリーの周囲の人達が戦いで亡くなっていくようになってから、涙なしでは読めなくなってきた。。
なんかね。。
それぞれが選んだ事とはいえ。。一人の少年に希望を託し、命がなくなっていくのが。。
なんかしっくりこなくなってしまった。。
そういう運命をたどることになってしまったハリーも。。自分が望んだことではないんだけどさ。。
だからハリーがその事で傷つくのがわかる。。んだけどさ。。
ときたま、ハリーにイラッとくる。。(苦笑)

途中の巻から、私は思わぬ人に思い入れを抱くようになる。。
その人がどうなるのか知りたかった。。


最終巻で何よりよかったことは。。(ネタバレしますよ。。)


COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : * 本 | THEME : 読書ノウト | GENRE : 本・雑誌 |

おおお~!!「聖☆おにいさん」2巻発売してる。。

んんん。。。本関係って、発売日をチェックするのが難しい。。。

コミック、中村光「聖☆おにいさん」の2巻がいつのまに発売になってなよん~♪
p080728.jpg中村光「聖☆おにいさん」2巻

禁断の?!ブッダとイエスの物語(笑)
何故か下界の立川のアパートでひっそりと。。。のんびりと。。暮らす聖人2人。。。
何か大きな話があるわけじゃないんだけど、日々の暮らしの中の聖人二人のだれもが知ってるようなエピソードをもじった小ダネが満載。。
何より聖人二人のキャラがたまりません。。。(笑)
どこまでも浪費家のイエス。。。
倹約家でしっかり者のブッダ。。。
1巻の最初にブッダが、「子供にここおされた」の。。って打ちひしがれて帰ってくる姿に、何故か妙にはまってしまった。。(笑)
ここっていうのは、ブッダのひたいのしるし。。のことです。。

日本ならではの漫画だなあ~
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : * 本 | THEME : オススメの本 | GENRE : 本・雑誌 |

カテゴリー


INFO

気になるアーティストの写真をClickするとフルで音楽が聴けます♪BGMにどぞうぞ。。 @jangoについて >>


最近の記事


キーワード

映画 洋画 桜井和寿 夏フェス 動画 邦楽 Mr.Children 洋楽 日本代表 リバプール トーレス サッカー フジファブリック ジェラード プレミアリーグ bankband 水曜どうでしょう 大泉洋 UKロック たべもの CUE ドラマ 幕末 apbankfes BankBand W杯 エレファントカシマシ 斉藤和義 ライブ チャンピオンズリーグ 暮らし OASIS イングランド代表 スペイン代表 サマソニ COLDPLAY 中田英寿 アルゼンチン代表 メッシ 漫画 藤原竜也 三浦春馬 高橋洋 バスケットボール 田臥勇太 デビッド・ボウイ パオロ・ヌティーニ お笑い pillows VERVE 戦争 iPod MAC WEB 椎名林檎 錦織圭 ロディック テニス オリンピック キューエル ユーロ2008 スポーツ 蜷川幸雄 舞台 ジュンスカ 岩井俊二 京極夏彦


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


Copyright © ほくほく*てくてく All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。