スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

動画 SMAP x SMAPにでたCOLDPLAY♪

p080908.jpg
正直スマップは邪魔?!な感じだったかな。。。(苦笑)
人数多いから。。クリスがわさわさと囲まれてしまっている。。
とはいえ。。他に外国のアーティストが出演できるような音楽番組がないってのもあるね。。

★COLDPLAY with SMAP / Viva la Vida ~ TV「SMAP x SMAP」


テロップにだされると。。歌詞だけみるのと違うね。。

▼Viva la Vida 日本語訳
かつては世界を支配していた
僕が口を開けば海の水位が上がった
今では朝 独りで眠る僕
昔は自分のものだった道を掃いてまわる
かつては僕がダイスを転がした
敵の目には恐怖が映っていた
群集が歌うのをこの耳で聴いた
でも老いた王は死んだ、王に栄光あれ
一時は鍵を握っていた僕なのに
気づいたら壁が迫ってきていた
そして気づいた 自分の城を支えているのは
塩の柱と砂の柱だったことに

エルサレムの鐘が鳴るのを聴け
ローマ人の騎兵が合唱している
僕の鏡に剣に盾に
外地の宣教師になるがいい
どういうわけか説明がつかないんだ
君がいなくなってからは何ひとつ
何ひとつ正直な言葉が出てこない
それが世界を支配していたころの自分だった

邪悪で激しい風が
扉を吹き倒して僕を入れてくれた
窓は粉々に割れて太鼓の音がする
みんな今のこの僕に目を疑う
革命分子はみな待ちわびているよ
銀の皿に載った僕の頭を
孤独な紐に吊るされたただの操り人形さ
誰が王になどなりたがる?

エルサレムの鐘が鳴るのを聴け
ローマ人の騎兵が合唱している
僕の鏡に剣に盾に
外地の宣教師になるがいい
どういうわけか説明がつかないんだ
君がいなくなってからは何ひとつ
何ひとつ正直な言葉が出てこない
それが世界を支配していたころの僕だった
スポンサーサイト
COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : * 外国の音楽(UK) | THEME : 洋楽 | GENRE : 音楽 |

COMMENT

agiantam様のお陰で見れちゃった。
有難うございました。

邪魔(笑)確かに。
2008/09/09(火) 13:13:01 | URL | Franny #-[編集]
■Frannyさんへ
よかったあ~♪Frannyさんもみれたんですね。。

>邪魔(笑)確かに。
。。笑。。
クリスを囲みすぎ。
動きが皆かたい。。キムタクでさえも。。
皆カンペみすぎ。。(苦笑)

クリスが動くもんだから。。余計にスマップの棒立ちがめだって。。
なんかコラボってみえない。。って思ってたら。。
友達から、メール。。「スマップ。。邪魔。。」って。。
爆笑した。。たしかに。。スマップの番組だけど。。邪魔だ。。
2008/09/10(水) 02:15:36 | URL | ■agiantam #i9ppsppk[編集]

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

カテゴリー


INFO

気になるアーティストの写真をClickするとフルで音楽が聴けます♪BGMにどぞうぞ。。 @jangoについて >>


最近の記事


キーワード

映画 洋画 桜井和寿 夏フェス 動画 邦楽 Mr.Children 洋楽 日本代表 リバプール トーレス サッカー フジファブリック ジェラード プレミアリーグ bankband 水曜どうでしょう 大泉洋 UKロック たべもの CUE ドラマ 幕末 apbankfes BankBand W杯 エレファントカシマシ 斉藤和義 ライブ チャンピオンズリーグ 暮らし OASIS イングランド代表 スペイン代表 サマソニ COLDPLAY 中田英寿 アルゼンチン代表 メッシ 漫画 藤原竜也 三浦春馬 高橋洋 バスケットボール 田臥勇太 デビッド・ボウイ パオロ・ヌティーニ お笑い pillows VERVE 戦争 iPod MAC WEB 椎名林檎 錦織圭 ロディック テニス オリンピック キューエル ユーロ2008 スポーツ 蜷川幸雄 舞台 ジュンスカ 岩井俊二 京極夏彦


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


ブログ内検索


RSSフィード


Copyright © ほくほく*てくてく All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。